>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年10月20日

うつ病の診断チェック

※9つの項目のうち1か2を含んで5つ以上の症状が
 2週間以上にわたってほとんど毎日現れている場合
 はうつ病かもしれません。



1、抑うつ状態

憂鬱、気がめいる、気持が落ちこむ、悲しい、寂しい
不安、イライラする、怒りっぽい、人に会いたくない。


2、興味の喪失

何をしてもおもしろくない、趣味も楽しくない、喜び
が感じられない、異性に関心ががなくなった、性欲が
わかない。


3、食欲の変化


食欲が落ちた、何を食べてもおいしくない、体重が1
ヶ月で5%以上減った。食欲が旺盛になった。


4、睡眠障害


寝つきが悪い、夜中に何度も目が覚める、早朝に目が
覚めてそのまま眠れない、まれに1日中寝ているほど
仮眠になる。



5、不安、焦燥、制止


落ち着きがない、無意味な動作を繰り返す。反対に動
作がにぶくなる、身動きしない、会話がうまくできな
い、声が極端に小さい。



6、意欲の低下、疲労感、倦怠感



何をする気にもなれない、気力を振り絞ってもすぐに
やる気がうせる、何もしないのに疲れる、単純なこと
をするのにも時間がかかる。



7、罪責感、無価値感



失敗すると自分の責任だと感じる、自分は価値のない
人間だと思う、自分は失格者だ、罪深い人間だと思う。



8、思考力や決断力の低下



考えがまとまらない、集中できない、記憶力が落ちた
ささいなことも自分で決断できない、ぼけてきたので
はないかと思う。



9、自殺念慮、自殺企図



自分はこの世にいないほうがよい、自分が生きている
ことで人に迷惑をかけると思う、どのような方法で死
のうかと考えたりする。



posted by ナヤミーノ at 01:23 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

気分変調性障害は軽いうつ病と誤解されやすい

きぶん.jpg



うつ病と気分変調性障害は基本的には違う病気
なんですね。この障害は思春期や青年期から始
まることが多く、憂鬱感や意欲の低下などの仰
うつ気分に加えて不眠、食欲不振などの症状が
あらわれます。



症状そのものは、うつ病ほど重くありませんが
同じような状態が2年以上続くのが特徴です。



無理をすれば普通どおりに社会生活を送ることが
できるために、本人は病気であることがなかなか
気づきません。いつの間にか、これがふだんの自
分の状態だと思い込んでしまう人もいます。



そのようなことから気分変調性障害は軽いうつ病
と思われがちですが、たとえようのない症状がだ
らだらと2年以上も続くので決して軽いとは言えな
いようです。



どちらの病気も心を病んでいるという点では同じ
なんですね。症状そのものは、ひどくなくても、
治療しないといろいろな問題が生じてきます。




posted by ナヤミーノ at 17:39 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

うつ病は正しい治療を受ければ必ず治る!

なおる.jpg



うつ病に対する認識が深まって軽い症状のうち
に専門医を受診する人が増えてきました。その
一方でやる気を失った自分を、しっかりしない
と!と鞭打って一人でつらい現状を克服しよう
としている人がいるのも事実です。



もちろん自分で治す意思も大事ですが、うつ病
の場合は一人の努力だけで治るものではありま
せん。



うつ病はストレスによる疲労がたまりすぎたた
め、これ以上は耐えられないと心が拒否反応を
起こしている状態なんです。まずは心の疲労を
回復させて発症のきっかけとなったストレスを
取り除いていかなければ症状は長引きます。



ストレスは対人関係であったり大切な人との離
別であったりいろいろなことが考えれます。
専門的な治療を通して患者さん本人がストレス
の正体をつきとめて解消していかなければ、い
つまでの乗り越えられません。



やる気がなくなったのは心が疲れてしまったせ
いなのでそこへさらに頑張ろうなどとプレッシ
ャーをかけるようなことはしないで一度、専門
医に相談してみてくださいね。



posted by ナヤミーノ at 06:30 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月23日

うつ病は解決の手口がたくさんある

よかった.jpg



うつ病はさまざまな要因が複雑にからみあって
発症します。からみあった状態です。それだけ
に解決の手口は必ず見つかるんです。



もつれをほどくように原因を一つ一つ患者さん
と一緒に探っていき患者さん自身が問題に気付
くことによって症状は目にみえて改善されてい
きます。



またうつ病に効果的な薬もどんどん開発されて
います。実際に臨床経験や統計学的な数値から
言ってもうつ病は寛解率が非常に高いのです。



精神科ではその人に合った適切な治療を選択し
ながら深いうつ病から少しでも引き上げようと
努力します。うつ病の期間をできるだけ短くし
ようとするためのサポートをしてくれます。



posted by ナヤミーノ at 04:29 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

うつ病は気持の問題ではすまされない

やまい.jpg



うつ病は心の病気ですが、本人の気持ちが弱いとか
性格が暗いという単純なものではありません。心が
健康な人はうつ病の人の悩みに対して、なんでそん
なくだらないことで迷うんだろう?と思ったりします。



そして考えすぎだ、そこまで気にする必要はないよ
と励ましたくなったりするかもしれません。あるい
は別の視点から考えればすっきりするんじゃないか
などとアドバイスしたくなることでしょう。



しかし本人は忠告されるような点については、すで
に十分承知しています。くよくよするのはよそう、
こうしたらうまくいくかもしれない・・と自分なり
にいろいろ手は打ってみたものの結果的にうまくい
かなくなったから、うつ病になったのです。



周囲の人はそのことをよく理解して本人を否定する
ようなことを言ったり、突き放すような態度をとっ
たりすることは避けていきましょう。



posted by ナヤミーノ at 06:19 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

忙しいを美徳とせずに肩の力を抜く

りらっくす.jpg


ストレスがたまっていると自覚するのは疲労感
や肩こり、頭痛、眠気といったカラダの不調を
感じたときです。ストレスと体の不調は比例し
やすくてストレスがたまればたまるほど症状も
増えていきます。



たいていの人は、そこで一休みしますが、体の
不調に気付かなかったり、気づいていても無視
してしまうケースが少なくありません。



とかくうつ病になりやすい人は、自分自身の楽
しみや喜びより仕事や対人関係を優先する傾向
があります。またそのような生き方を美徳と、
とらえている面もあります。



たしかに仕事熱心で他人にも気をつかう性格は
周囲から好感をもたれますが、その結果うつ病
になってしまったのでは、自分が損してしまい
ます。



いつもスケジュールに追われる生き方は考え直
して肩の力を抜いてもっと気楽に行こうと自分
に言い聞かせましょう。



posted by ナヤミーノ at 07:34 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

うつ病の原因は年代、性別でさまざま

しつれん.jpg



うつ病は非常に幅広い年齢にわたって起こるのが
特徴です。20代の異性関係に多感な時期は失恋
もありますし家庭をもてば家族間の人間関係がき
っかけになることもあります。



30代以降は男性も女性も社会的な地位を確立す
るときですから自分の描いた理想と現実とのギャ
ップに悩むことも増えていきます。



熟年世代になればリストラの脅威や老後の不安も
うつ状態を引き起こす要因にもなります。さらに
高齢になれば老化に伴う体の異常、家族や親しい
人の死なども落ち込みを強める原因になります。



環境の変化や生活パターンの変化が誘因になると
いう点ではうれしい出来事も例外ではないです。



posted by ナヤミーノ at 07:19 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

中年の男女を襲うミドルエイジ・クライシス

みどる.jpg



中年期は人生で最も充実していると言われる時期
なんですが、その一方で心理的負担も増す時期な
んですね。



うつ病は30代と50−60代に発病のピークが
くると言われています。40代は少しおさまるの
も特徴なんですね。



男性は社会的責任を強く求められますし、女性は
子育てが一段落して目標を見失いやすくなります。
その上もう若くないという健康面への不安も感じ
るころです。



ミドルエイジ・クライシス中年期の危機とはこう
した中年期の心の疲労を表わした言葉であって、
うつ病の警告ともなります。


posted by ナヤミーノ at 06:18 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

うつ病発症の原因がわからないケースが多い

わからない.jpg


多くの患者さんを診察してきた先生によると、うつ
病の原因となったものを突き止められずにいた方も
少なくないと言われます。



いつの間にか気力がなくなり、不眠が続き、日常生
活がままらなくなってもその原因が思い当たらない
という患者さんもいるようです。



なかには、上司の何気ない一言がきっかけですが、
日頃は別に上司との折り合いが悪いわけでもないな
ど果たして原因と呼べるのかととまどうこともある
そうです。



結局、急速に変化する現代社会そのものや、複雑な
人間関係のストレスなどが積み重なり心が耐えきれ
なくなって悲鳴をあげてしまうことになっているよ
うですね。



posted by ナヤミーノ at 07:10 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

うつ病は個人的、社会的問題が絡み合う。

しゃかい.jpg



ストレスに弱いタイプがうつ病になりやすいという
わけではなく、ある精神科医は、むしろストレスの
多様化が、うつ病が増えている原因と考えているよ
うなんですね。



現代は情報産業が発達して、いろいろなものがコン
ピュータ化されて以前に比べたら格段に便利な世の
中になりました。物質的にも豊かになりライススタ
イルも大きく変わりましたね。



しかし情報化社会から落ちこぼれてはいけないとい
う焦りやまわりの人の暮らしにひけをとってはいけ
ないという横並び意識が生まれてこれがまた新たな
ストレスになっています。



うつ病になりやすい人は、状況の変化に臨機応変に
対応することができにくい性格ですから、めまぐる
しく変わる現代は、それだけ精神的にストレスが増
えることになります。



posted by ナヤミーノ at 06:51 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

ビジネスマンに多い配転・転勤のうつ病

いどう.jpg



経済不況が影響して、ビジネスマンを襲ううつ病
も変化してきました。経済的に右肩上がりの時は
昇進による昇進うつ病が多く見られました。



しかし今は、職場での配置転換や転勤をきっかけ
にしてうつ病に至る患者さんがほとんどです。
営業職で長年手腕を発揮してきた人が、未経験の
事務職に配置されると大きなストレスになります。



経営の合理化により職場の人員もぎりぎりで、異
動したがミスをすると自分に能力がないのではな
いかと落ち込み、自信を失います。



やがて自分は会社にとって必要ない存在なのでは
ないかという負の連鎖に陥ります。もちろん技術
職の方が異動しても同じことがおこります。



人と接するのが苦痛になりうまく仕事ができない
ことから気持が沈み、うつ病への道をたどってし
まうんですね。


posted by ナヤミーノ at 11:29 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

割り切れる人はうつ病から克服しやすい

しかたない.jpg



気に入らない部署に配置転換されたり、転勤を
余儀なくされても、こんな仕事はいやだけど仕
方がないかという気分でやっている人はさほど
落ち込みません。



いったん落ち込んだとしても前のように第一線
でバリバリやるわけにはいかないが、そこそこ
の仕事がこなせらばいいと割り切った人は間も
なくうつ病から解放されます。



いつまでも落ち込みから抜け出せないのは、プ
ライドが高く、自分の置かれた立場に不満ばか
り感じる人です。



力量を発揮できない自分を許せず、社内での格
が落ちたと感じてうつうつとしてやがては出社
出来なくなる人もいます。



こうしたケースではたとえ薬でうつ状態が改善
できたとしても職場の環境が変わらないとうつ
病を再発することにもなりかねません。



それを防ぐためには、職場での部署をどうするか
ということも含めた環境調整を図る人もいます。



posted by ナヤミーノ at 08:11 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

30代女性は選択肢が多いだけにうつになりやすい

こそだて.jpg



現代は男性よりも女性が選択肢が多くなっています。
適齢期という言葉は死語になり、未婚女性が特別視
されることもなくなっています。子供をもつかどう
かも夫婦の自由です。



結婚すれば夫婦間の問題、嫁姑といった古典的なス
トレスがつきものです。結婚して子供ができなけれ
ば、子供はまだ?というプレッシャーが重くのしか
かります。



無事に生まれても育児の負担はもっぱら母親にかか
っています。一方で仕事を選べば、女性だからとい
う甘えは許されず、肉体的には男性よりハンディが
あるのですから当然ストレスになります。



まして家庭と仕事を両立させようとしたら精神的に
も肉体的にも大変な負担を抱え込んでしまいます。



posted by ナヤミーノ at 06:00 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

理想を追い求めて気落ちする30代女性のうつ病

べんごし.jpg



さらに30代女性のうつ病に拍車をかけるのがテレビ
ドラマや小説などが描き出す理想の女性です。作ら
れた虚像にすぎない主人公と自分を照らし合わせて
は・・・・



こんなはずではなかった、このままではいけないと
人生に焦りを感じ、不眠やイライラ気分の落ち込み
を招いてしまいます。



恵まれた環境にありながら、さらに高い理想を追い
求めるいわば青い鳥の幻想です。周囲の人にそんな
悩みを打ち明けてもなかなか理解してもらえません。



好きな人とけっこんして子供を授かったではないか
とうらやましがられることはあっても、真剣に相談
にのってくれる人は少ないかもしれません。



的はずれな叱咤激励されると、かえってつらくなる
ばかりです。そのような場合は早めに専門医を訪ね
ましょう。



posted by ナヤミーノ at 05:38 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

30代夫婦のすれ違いうつ病

ちがい.jpg



30代は男性にとっても精神面で危機的状況に追い
込まれやすい時期です。職場では中堅で将来の出世
の基礎を築く時期にも当たります。



忙しい職場なら休日の出勤なども余儀なくされると
いうことになります。さらに家庭では家事や育児の
分担を求められ、妻のぐちの聞き役にもまわらない
といけなくなります。



妻の側にすれば夫婦である以上は当然だと思ってし
まうのですが、そんなに器用な男性ばかりではない
ようです。まあ難しいですが・・・



こういう風に30代というといい時期とも言えますが
夫婦がすれ違いを感じるときともいえるとの話がよ
くあるようです。



posted by ナヤミーノ at 07:48 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

現実を見つめて我が家流を貫く

たのしく.jpg



外ではバリバリ仕事をこなしていき、家では子煩悩
で妻をいたわって学校や地域社会の行事に熱心な夫
がいれば・・・



いいのでしょうが、なかなかそうはいきません。逆
に愚痴をこぼさずに子育ても家事も完璧にこなす妻
もそうはいないでしょう。



みんな完全ではないんです。自分の生活は理想から
かけ離れていると思ってもそれが現実だと認識して
いきましょう。努力はすべきですが、完璧には無理
かもしれないんです。



我が家は今はこうなのだと理解してその中で居心地
のいい環境を作っていきましょう。それが心の健康
にも役立ちます。


posted by ナヤミーノ at 02:15 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

中高年に多いリストラうつ病

りすとら.jpg



自殺者数に占める50歳前後の男性の割合が一気
に増加していると言われています。長引く不況、
先行きの見えない不安に加えてリストラの脅威が
影響していることは明らかです。



リストラされる、あるいは、されるかもしれない
という立場に置かれるとまず収入面での不安や親
としての責任などが重くのしかかってきます。新
しい職場が見つかったとしても、それまでの経験
が生かせなくなることもあり呆然とすることもあ
るようです。



それ以上につらいのは男性にとってアイデンティ
ティーがなくなってしまうことです。一心不乱に
仕事をして職場で評価されることで生きている実
感を得ていたような人にとって突然仕事を奪われ
ることは人格を否定されたもののようです。




一体これから何をよりどころにしていけばいいの
か?と思い始めると将来に希望が見出せず、心を
病むのも時間の問題です。



posted by ナヤミーノ at 02:03 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

悪循環を断ち切るためのストレス管理

かんり.jpg



一家の失業は家族にとっても大問題です。夫がリス
トラにあい、経済的な不安から妻がうつ病になった
というケースもあります。



子供の教育費、家のローンが残っているとかいう世
代には困った不況ですが、今の世の中は何が崩壊し
てもおかしくないという危機的意識をもつ必要があ
りますね。



リストラとうつ病のダブル痛手を回避するためにも
家族が結束してストレス管理を行ってほしいですね。
ヒントとして欧米の学者が提示したプレッシャーに
対抗する方法があります。



自分が置かれている立場よりももっと悪い状況を思
い浮かべ自分たちはそれよりも安全であると考えて
みることです。



リストラされても命や財産まで奪われたわけではな
い。とりあえずは失業保険もあるし職種にこだわら
なければ再就職の道もあるというように発想を転換
させていくんですね。



posted by ナヤミーノ at 06:50 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。