>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2008年10月30日

悪態をつくことは良いことなのか?



言葉遣いについて。


たまに悪態をつくくらいいいじゃないか?
そんなこと感じたことありますか?



ある心理学者も「不敬な言葉は人間に不可欠である・・・
ストレスの発散になる・・」などと書いています。



実際にそうでしょうか?



悪態をつく、口汚い言葉は
ますます腹立たしい気持ちは募るばかりです。



汚い言葉に良い反応があることは
ほとんどないので事態は一層悪化します。



実際は口汚い言葉はそれ自体が
ストレスの素になることが多いのです。



問題の解決ではなく、問題を真正面から取り組む
のを遅らせることになります。



どうしたらいいのでしょうか?
まず下品な言葉の根源を断ちきる努力が必要です。



口から出る言葉というものは
それまでに心や思いにとり入れてきたもの
から出てきます




では、あなたが読んでいる雑誌や本には
そんな言葉がまぎれていますか?下品な言葉
が出てきますか?



そうであれば読書の改善する必要があります。
これは音楽や映画、テレビなど見るもの、聞くもの
すべてに言えることです。



確かに悪いものを取り入れておいて
それを出さないようにすることは
難しいでしょう。



じゃあ、なにも見ないのか?ではないですね。
よく選ぶことです。それは大変なことですが
良いものは少なからずありますから探してみてくださいね。



他にも補足的な点はたくさん
ありますが、今日は簡単にこの辺で。










posted by ナヤミーノ at 22:03 | Comment(1) | 言葉使いの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

お互いを尊重する




イメージ.gif




今日は〜
お互いに尊重し合うです。



どんな家庭でも夫婦でも意見が食い違う
ことがありますよね。



でもうまくいく家庭は、嫌味を言ったりせず
に話し合います。お互いを尊重して、してほしい
と思うことをします。



これはなぜ重要でしょうか?



言葉は鋭い武器になるからです。
これはたたかれるより辛く痛いものです。




言われた本人はもう自分はだめな人間だとか
すぐにあきらめて努力しなくなります。



そうなんです。悪態をつくことは
普通ではないんです。



それは悪いこと、いけないことです。



今までうちはそうだったと語る家庭ならば
それは変えてください。



断固として変えてください



相手を尊重した言い方を学びましょう。
これを決意してください。



意見を言うとしても、相手をけなすのではなく
自分の気持ちを言うようにしましょう



間違ったら、誤ればいいんです。
間違いはありますから。



どうでしょうか?自分はこんなこと
努力してるんだって目標を語りあうのは
いかがでしょうか?



お互いが相手を尊重するために努力してる
ことを知るとうれしいものです。



たいていのことは我慢できます。



愛してる家族ですもんね。^^




今日の記事はお役に立てたでしょうか?
そうであればよかったらポチお願いします♪


br_decobanner_20090907214427.gif


posted by ナヤミーノ at 22:23 | Comment(0) | 言葉使いの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。