>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年10月08日

パソコン使用後の頭痛、肩こりを解消

目の.jpg


パソコンを使用するときは、特別な目の使いかた
が必要なんです。特徴を少し書きますね。


@ピントを近くに合わせ続ける。近距離の焦点調節

A目を寄せ続ける。両眼視維持力

B画面とキーボード及び書面との頻繁な視点移動と
 焦点調節。

C画面とキーボードと書面、それぞれの明るさに合わせる。
 光量の変化による瞳孔の変化対応


またパソコンを使う時に必要な力は・・・・

D一瞬で活字、図形を読み取る能力

E読んだ文章を一瞬で視覚化する能力

F目と脳を持続的に協力させ集中させる能力

G1−7を総合的に調和させる。



各々に技術が必要になっていきますね。これらは
もっとも目に負担がかかる条件といえますので、
この条件に適応できる目の正しい使いかたができ
ると視力低下、頭痛、肩こり、目の疲労。


1−8に慣れるための動きを鍛えてパソコンに負
けない目をつくりましょう。日常での体操として
も効果があるようです。



posted by ナヤミーノ at 06:56 | Comment(0) | 近視などの目の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。