>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年10月06日

ストレスで心が病んでいく病気

しごと.jpg



わたしたちはストレスを避けて通ることはで
きませんが、有害なものとは限りません。あ
たらしい仕事をまかされて緊張し、ストレス
がありますが、がんばろうと活動のエネルギ
ーにもなります。



ところが長期間ストレスにさらされて、何回
も繰り返しストレスがかかると、やがて心が
押しつぶされてストレスをはねかえす力がな
くなります。ストレスに適応できなくなり、
疲れやすい、眠れない、無気力など様々なう
つ病の症状が現れます。



過剰なストレスは知らずに心をむしばみます。
逆にストレスが大きくかかっているのに、自分
では感じていない場合があります。



特に寝食を忘れて働くようながんばり屋で競争
心が強く完璧主義の人にその傾向が強いようです。
このタイプは体調が悪いという自覚があっても
持ち前の強い意志で乗り越えようとし、慢性の
ストレスを抱え込むことがあります。



仕事がうまくいっていて気分が安定していると
きはいいのですが、ストレスがたまっていると
きに仕事のトラブルや身内の不幸などのショッ
キングな出来事が起こると、とたんにうつ病を
発症することがあります。



posted by ナヤミーノ at 06:40 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。