>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年10月05日

うつ病の初診の診察の手順

せんせい.jpg



病院によっても多少は違いますが、大学病院では
診察前に質問表、予診表に記入してもらい、研修
医、または医学生が簡単な予診を行うそうです。



その後、予診表に基づいて担当医が本診を行うの
が普通です。初めて精神科の診察室に入るときは
不安と緊張感でいっぱいだと思いますが、医師は
サポーターです。



気持を楽にしてなんでも話すといいです。本診で
は症状や経過を患者さんから詳しく聞いて、現在
の状態をできるだけ正確に把握しようとします。



そのときは何年も前の喪失体験などを尋ねること
があります。きっと病気と何の関係があるのか?
と思い人もいると思います。なので疑問に思った
時には、直接聞いてみるといいです。遠慮は無用
なんですよ。



症状がある程度重い場合は、家族の付き添いが望
まれます。というのは患者さんが自分の症状をう
まく説明できなかったり、実際とは異なることを
訴えたりする場合があります。




本人だけの説明では診断が困難なこともあります。
家族の方から患者さんの性格や以前と変わった点
などについて話していただけると診察がよりスム
ーズにいきます。



posted by ナヤミーノ at 06:40 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。