>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年10月04日

うつ病は朝が一番落ち込む

つらいつらい.jpg



うつ病の患者の多くが朝が一番苦しいといいます。
一日の始まりの朝は今日はあれをしようと、これ
もしないと、と予定をめぐらせるとき。



その中には楽しみもあれば不安なこともあります。
期待と不安も含めて、さあ今日もやるぞと気を引
き締めるのが普通です。



ところがうつ病の人は、まったく逆で朝の気分の
落ち込みの極限状態です。目は覚めているのに、
体が打ちのめされたようでふとんから出られない
のです。仕事をしたくないとか、人に会いたくな
いとか色々な症状が現れます。




しかし昼から夕方にかけて気分が落ち着いてくる
ということ。うつ病の特有の心理が関係している
ようなんです。しかしまた夜になると明日のこと
を考えて夜は眠れるだろうかと心配になってきま
す。



posted by ナヤミーノ at 18:37 | Comment(0) | うつ病の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。