>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年06月15日

子供たちを学業で褒めることの大切さ。




褒めることの価値はいまさら
言うまでのことではないですが
どのように行うかが難しいのです。



ある親は、子供たちが学校で成し遂げた
ことを台所にある冷蔵庫に張り出します。


なぜか?



子供たちのことを誇りに思っているから
だと述べています。そしてそのことを子供
たちに知ってほしいのです



例えばある独立学校区は、ボランティアの
家庭教師に惜しみなく褒め言葉を述べるよう
勧めているようです。




すごい!前よりずっといい!その調子!
さすがは君だ!それはいい思いつきだ!
全くそのとおり!非常に独創的だったよ!
良い判断を下したね!すばらしい出来栄えだ!
その調子!さすがは君だ!
君の努力はたいしたもんだ!




あなたが聞いたなら
どう感じますか?少なくとも
嫌な感じはしないはずです。



親の立場にある方ならもっと頻繁に
褒め言葉かけてあげるのはいかがでしょうか?



posted by ナヤミーノ at 17:14 | Comment(0) | 学校での悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。