>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年05月27日

火傷した時に氷水につけるのは間違い!




やけどをしたときに冷やせばいいということ
で間違いやすいのですが、氷水につけるのは
間違いです。


なぜか?


といいますのは、冷たい氷水とやけどした
皮膚の間にぬるい水の層ができてしまい、
この層は動かないので、肝心のやけどの場所
を冷やすことができないからです。



人気ブログランキングへ



まあ、水の中で動かすようにすれば
まだましなのですが。



では、やけどをした時はどうしたらいい?
正解は水をかけて冷やすのが一番。水道水を
出しっぱなしにして5分間冷やすのが一番いい
ようです。



薬品によるやけども流水で洗い流せる。
しかも直接ではなくて、洗面器などに水を出し
っぱなしにしてそこにつけてもいいです。



やけどの場所によってはホースで直接かける
こともできますね。服や靴下脱がないで上から
水をかけることができます。



顔を火傷した時は、水を流したままの洗面器に
顔をつけるといいです。



流水で冷やすという応急処置をしていると治り
も早く治った痕もきれいになる。



流水で冷やした後は清潔を保ち、バイ菌が入ら
ないようにガーゼを当てておくことができます。
水ぶくれができたときは、バイ菌が入りやすい
ので抗生物質入りのクリームや軟膏などを塗って
その上からガーゼを当てておきます。



カイロや湯たんぽなどは、低温だが、直接皮膚に
つけたままでいると低温やけどをしやすいので注
意が必要です。



お年寄りは感覚が麻痺したり糖尿病の方は神経障害
を合併することがあるので特に注意したい。低温や
けどは見た目より火傷がひどいことがある。

posted by ナヤミーノ at 06:58 | Comment(0) | 知恵袋&有益情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。