>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年05月18日

稽留流産とは?妊婦との関係は?




稽留流産とは、妊娠しても子宮内で胎児が死亡
してしまい、妊婦になんの症状もない流産の事
を言うようです。



出血や下腹部痛を全く伴わない流産で、流産し
たのかどうかも分からないまま手術をしなけれ
ばいけないという状態になる事もあります。



妊娠の反応があり、産婦人科での超音波によっ
て、胎児の成長が見られない事から、稽留流産
と判断される事が多くあります。本当に自覚症
状がない流産で、超音波検査で見なければ発見
されない場合もあります。



稽留流産と判断された時点で子宮内容除去術を
する病院もありますが、産婦人科によっては、
一週間様子を見て、術前にもう一度超音波検査
をしてから確定して手術する場合もあります。



自覚症状が無いことから、流産したと思えない
妊婦さんは、違う病院で検査してもらう人もお
おくいらっしゃいますね。



posted by ナヤミーノ at 12:14 | Comment(0) | つわりの悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。