>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年05月05日

ゲンタシン軟膏はニキビに効きますか?




ゲンタシン軟膏と
アクアチム軟膏があるようです。
これは?



これはどちらも腫れものや化膿性
のとびひや皮膚病や、にきびに使う
ようですね。


あお.jpg



ゲンタシン軟膏は長期的に使うのは
不安な副作用があるので長期的には
アクアチム軟膏で短期的にはゲンタシン
軟膏がいいかもです。



抗生物質は微生物の産生物に由来する
抗菌剤、抗真菌剤、抗ウイルス剤そして
抗腫瘍剤であります。
その大半が抗菌剤です。




●ゲンタシン軟膏の効果は?


ゲンタシンは、皮膚の炎症を抑え、菌を殺し、化膿
するのを止める薬剤です。 すごく良く効くし、医療
施設ではしょっちゅう使用します。



が、効果がある薬=強い薬、なんですよね。 ... 以
前に擦り傷ができた時にもらったのですが、 ガサガ
サの皮膚に塗り込むと肌が潤ってとても感じよくなります。



でも傷もない皮膚に塗ることは、やはりよくありま
せんか? ゲンタシンは、皮膚の炎症を抑え、菌を殺し
化膿するのを止める薬剤です。 すごく良く効くし、
医療施設ではしょっちゅう使用します。




ですから抗菌性の抗生物質、合成抗菌薬を
合わせて広義の抗菌薬と呼ぶそうです。




はやくにきびが良くなりますように(^−^)


こちらをご覧ください♪


>>ニキビ解決まとめブログへ<<




ちょっとここで
聞いてもらいたいことがあります。

少しだけです。


お薬ではニキビは治らないんです。

ほえ?.jpg

え?そうなの??


そんな間違ったニキビのケアで
あってすぐにやめるべきです。



なぜお薬では、ニキビを治すことができないの
でしょうか?ちょっと考えてみてください。



病院で処方されるのは、ほとんど同じ
お薬です。少しの種類はあっても同じ。


ニキビで悩んで相談に行っても同じ薬・・・・
これおかしくないですか?


おかしくないですか・・??


にきびの症状や状態は人それぞれであるのに
同じ薬が処方されるんです。症状違うのに・・・・



※つまり人の状態や症状は違うので同じ軟膏を使うとしても
 治る人と治らない人がいることになります。
 軟膏がどうだというより、まずは自分の症状、状態を分析する
 ことが大事なんですね。


※※!!風邪にしても何でもいい?というより症状効かないと
    どんな薬がいいのかわかりません。鼻風邪か?喉か?など。
    同じことですね^^



えええ.jpg

確かにそうだ・・
万人向けなんですね・・・



だいたいそうですよね・・・

※なので人によっては効果がある場合
 もあります。全員には効かないという
 ことなんですね。



多くの方がまた赤く腫れたり膿まで出て
治ったと思ったらまた出来てきた経験があるんです。



そう!病院で処方されるのは万人向けのお薬。
万人に効くものは万人には効かないんです
軽く症状を抑えるものが処方されているんです。
誤魔化すと言った方がいいかもです。


実際に薬などで効かないで悩んでいる方は
大勢おられます。

ちえぶくろ.jpg



じゃあどうすればいいのか?


病院でしてくれなければ
自分で探すしかありません!!




ご紹介しているマニュアルは
7日間あることをするだけで
ニキビがよくなるんです・・・・・



よし.jpg

こんなの見たことないですね!




美顔器やお薬はもう要りません。



さらに教えちゃうと原因、悪玉は
毛穴なんです。毛穴


そんなの知ってますという声が聞こえて
きそうです。しかし多くの方は毛穴をきれい
にするというだけではないんです。
毛穴のリセット作業が必要なんです




★実践して下さった方のご報告です♪



>ごわついた瘡蓋までできた肌が
 どこまで回復するか疑問でしたが
 少しずつ薄くなってきている気がします。
 頑張って続けます!



>勇気をくださり感謝します。
 ただ塗るだけの毎日から
 解放されています。



>治らないと思ったら治らない
 ですよね。希望がわいてきました。
 しっかり分析します。



>今では鏡がちゃんと見れるように
 なりました。わたしは女なのでホントに
 悲しい日々でしたがうれしい限りです。
 マニュアルと先生に感謝します





朝、鏡を見て・・


あれ?治ってる!!

・・確実にそうなります。



こちらをご覧ください♪


>>ニキビ解決まとめブログへ<<





posted by ナヤミーノ at 23:32 | Comment(0) | ニキビ・自傷行為悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。