>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年04月26日

にきびのための漢方薬は?




ニキビのための漢方薬にはどのようなものが?


いろいろありますが一つとりあげます。
症状としてイライラして女性は生理前に
悪くなってくるものがあります。だんだんと
赤み・熱感が出てくるようです。



このような場合の主要処方としては、加味逍遥散
がいいようです。。にきびは加味逍遙散に他の処方を
合わせる場合が多くありますね。



さらに胃腸が丈夫でない手足がむくみやすい
ものとしては、加味逍遙散に六君子湯を併用します。
皮膚がカサカサになりやすい、生理後にもニキビが悪
くなり貧血症の場合には同じく加味逍遙散と四物湯や
当帰芍薬散を併用します。



生理の前にニキビが悪化し生理不順などもあるときは、
加味逍遙散と桂枝茯苓丸を合わせて服用するといいです。
加味逍遙散合桂枝茯苓丸加ヨクイニンなどの処方は良く
使われて良結果が出ています。



その他イライラが特に強い場合、柴胡桂枝湯なども使用
されます。いろいろな組み合わせが、体質と症状により
ありますから、専門家によくご相談してください。


posted by ナヤミーノ at 15:36 | Comment(0) | ニキビ・自傷行為悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。