>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2010年01月05日

子供を責任感のある大人に育てるにはどうしたらいいか?




br_decobanner_20091225180011.gif



35年間,1000組以上の母子をサポートし続けてきた子育てのプロのプロが、あなたの心をすっとラクにします。【鎌田流☆ラクちん子育て法】



まず親は子供がいい方向に行ってほしいの
であれば重大な欠点は見過ごさないで克服できる
ように優しく助けます




どんな子でもたくさんのことを行えます。
愚かさが子供にはつながれているからです。



なので矯正が必要です。これは言葉で表される
ものもあれば実際にたたくことも含まれるでしょう。
※虐待になるほどはたたきません。
 虐待と矯正は全く違います。




これは子供の欠点を直して欲しいと思う心からの
思いの表れですから愛です。
子供を優しく矯正できる親は愛があります。



子供にはきまり用意することでしょう。
でも単にきまりを設けるだけでなく、きまりが
設けられている理由を理解できるよう助けるでしょう。
この理解が大事なんですね。



子供が親が言っているのは、こうゆう理由のため
なんだとはっきり理解できるよう助けましょう。



さらに親は子供を守る必要があります。子供がある
活動に携わって危険が及ぶようならそれを禁じるでしょう。
親が教えていることを軽くみるような人たちとは
付き合わないように言うかもしれません。




行き過ぎでしょうか?もしあなたが親であれば子供が
親切や優しさではなく暴力や人をだますことを好む人を
友人にして付き合うことを望みますか?



そんなことはないですよね。
もちろん状況やいろんな場合はありますが
こっちの基準や価値をたやすく揺らがせるような
ことは避けましょう。



子供は嫌がるかもしれないすが、きちんとした
枠組みを設けて制限してくれる親を頼もしく思う
ものです。



親が何でも自由で思い通りにさせるなら基準が
ないので子供はいつか不安に思うでしょう。
大事なのは一貫した基準をしっかり守ることです。



子供は親のそういう基準に感謝することでしょう。




35年間,1000組以上の母子をサポートし続けてきた子育てのプロのプロが、あなたの心をすっとラクにします。【鎌田流☆ラクちん子育て法】


今日の記事はお役に立てたでしょうか?そうであればよかったらポチお願いします♪


br_decobanner_20091225180011.gif


posted by ナヤミーノ at 10:00 | Comment(0) | 育児の悩み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。