>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2009年10月25日

婦人科系の病気 腰痛/子宮内膜症



腹痛を伴う腰痛には、内臓の疾患が
関係していることが多いようです。


あお10.jpg


本来子宮の内側にしか存在しないはずの
子宮内膜
が、卵巣、腹膜など子宮以外の場所で
増殖・剥離を繰り返す病気です。




子宮の内側に張られた子宮内膜は、月経時に
経血として体外に出されますが、子宮以外の
場所で増殖した子宮内膜は腹腔内にとどまるため、
炎症や痛み、癒着などを引き起こします。




posted by ナヤミーノ at 22:11 | Comment(0) | ニュース記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。