>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2009年08月31日

男の子の体の変化はどうなるの?










男の子の思春期の体の変化については
いかがでしょうか?



やはり外見に大きな変化があります。



肌が脂っぽくなって、にきびや吹き出物が出てきます
こんな時は若い人にとって闘いのようです。



人から見下されたり、跡が残るのか
いつ消えるのか・・・などです。



でもこんな変化もあります。
体付きが大きくなり、肩幅も広くなります。
力もついてきます




足、顔、わきなどに毛が生えてきます。
これは遺伝的な要素が多いようです。



なので毛が多いから男らしいとか
そんなの関係ないのです。



体の成長はいくらかぎこちなく感じます。
その速さは一様ではないからです。



十代半ばになると声が低くなります。
声がでなくなるように感じます




かすれたような、裏返った声が
でる場合もあります。


おと.jpg



でもこれも成長の段階。スムーズにまた
声がでるようになります。



さらに生殖器が発達するにつれて性器も大きく
なってきます。毛も周りに生えます。また精液を作ります



精液には微小な精子が多く含まれます。
これが性交の際に放出されます。



精子は卵子を受精させ、赤ちゃんを生みだす
能力をもっています。



精液は体内にたまっていきます。
吸収される部分もありますが、夜中の
眠っているときに放出されることもあります。



これは夢精と呼びます。



でもこれも大丈夫。
大人になってきたことの証拠です





今日の記事はお役に立てたでしょうか?
そうであればよかったらポチお願いします♪






posted by ナヤミーノ at 22:12 | Comment(0) | 若者の体の変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。