>>うつが治らないのはアナタが悪いからではありません!<<

2009年02月21日

親が冷淡であった場合、お世話できるか?





親が冷淡であった場合、そのお世話に影響があるか?




老年の親をお世話する必要が
生じた場合に、以前の親子関係が
影響する場合があります。



例えば、父親、母親が冷淡で愛情がない
場合にはどうでしょうか?



もしかして暴力もふるったかも
しれません。



親に対していらだちや、憤り、心の痛手を
感じてる場合があります。



これは克服できるのでしょうか?



こんな場合があります。
冷淡な親であっても物質のものを備える点で
熱心であった人もいます。



自分の親にも心の傷がある場合があります。
痛手ゆえにちゃんと子供と接することができない
のです。



本当にかわいそうです。
親に責任がない場合があります。
というかこの状況を理解してあげる
ことができます




ある息子はこんな状況ゆえに親のことを
理解してあげ、できるかぎりのことをして援助
してあげたいと思うようになりました。



理由もない暴力はいけませんが
親にも心の傷がある場合があります。



一慨には言えないですが
親をどうぞ許してあげてください



接し方がわからなかったのです



気持ちが整理できたら、親にこんなこと
されて嫌だったという気持ちを打ち明けてください。
あなたにも伝える責任があります。



怒りにまかせてではなく
冷静に伝えるのです。



どうぞ心を通わせてください。
きっと良い結果があります。


posted by ナヤミーノ at 21:55 | Comment(0) | 介護・親の世話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。